会社設立時の資本金と消費税について

会社設立時の資本金の金額は、消費税の計算に大きな影響があります。

具体的には設立後2期にわたって、消費税がかかるかどうかに影響があります。

消費税法では、

”課税期間の基準期間における課税売上高が1,000万円以下の事業者は、納税の義務が免除されます”

と決められているのですが、これは資本金が1,000万円未満であることが条件となっています。

なお、資本金1,000万円というのは、”資本金”のみの金額であり、資本準備金は含みません。

例えば、設立資金として1,500万円あった場合に、

資本金1,500万円とするのと、資本金750万円、資本準備金750万円とするのでは、

消費税の計算結果が異なることになります。

今回は資本金にフォーカスしたため割愛しましたが、

資本金1,000万円未満にしていても、設立時から消費税がかかる要件はありますので、

専門家にしっかり相談するようにしてください。

設立時の資本金の額は、慎重に決めましょう。