車両運搬具(自動車等)の購入の仕訳について

車両運搬具(自動車等)の購入の仕訳についてです。

購入した減価償却資産の取得価額には、原則として、その資産の購入代価とその資産を事業の用に供するために直接要した費用が含まれます。一方で、取得価額に算入せず費用として計上することができる費用もあります。

①車両運搬具の取得価格に含まれるもの
車両
付属品
特別仕様
納車費用
*値引がある場合は、取得価格から控除します。

②租税公課として費用に計上することができるもの
自動車税
自動車取得税
自動車重量税
検査登録費用
車庫証明費用

③支払保険料として費用に計上することができるもの
自賠責保険料

④差入保証金(リサイクル預託金)として資産に計上するもの
シュレッダーダスト
エアバッグ料金
フロン類料金
情報管理料

⑤支払手数料として費用に計上することができるもの
資金管理料金

なお、購入代金を振り込む際に支払った銀行への振込手数料は、雑費として処理します。

車両運搬具の購入時の仕訳例

車両運搬具  ××× 円 現金預金    ××× 円
租税公課   ××× 円
支払保険料  ××× 円
差入保証金  ××× 円
支払手数料  ××× 円
雑費     ××× 円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です