個人事業主の開業前費用について

個人事業主が開業前に支出した費用の会計処理についてです。

個人事業(例えば、医院、美容室、サロン等)を開始する際には、税務署に開業届出書を提出します。
開業届出書には、開業日を記載する欄があるため、そこに記載された開業日以降に支出した費用に関しては通常の経費処理となります。
しかし、開業までには様々な準備があるため、その準備期間(開業しようと思った日~開業日)までに支出した費用は経費となるのでしょうか。

この場合、「開業費」という繰延資産に計上し、原則として開業日から五年間に渡って均等償却する(開業日から五年間に渡って経費に計上する)ことが必要です。

ただし、これに関しては任意償却が認められています。
即ち、五年間に渡って均等償却せずに、開業後一番利益が出そうな年度に、全額を一度に経費として計上することができます。

これにより、効果的な節税が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です